小田さんのドキュメンタリー番組を
一冊にまとめた本。


番組観たのに、本を買うという。。笑。
内容もほぼ一緒だと思う。。
小田さんのことなら、何でも知りたいミーハー観から購入。


さくらさんのエッセイ。
読みやすい!
2日で読了。


現実世界では、おじいちゃんととても仲が悪くて、
アニメのおじいちゃんは理想のおじいちゃんらしい。。
初めて知った。


そういうふうにできている
というタイトル
忙しくて、わーーーってなって苦しいことも多いけど、
最後は笑い話になってるな
っという感じで、
人生、結局、
そういうふうにできている
ということから付けられたそうな。


確か、6月頃、
梅雨から夏になる時、どうも身体に不調感があった。
身体が季節についていけてない。。
地に足がついてない感があった。


そんなとき、紀伊国屋に
どーーーん!!
と大量に置いてあった本。
新刊ではなさそうである。。(発注ミスか?)


ぺらぺら立ち読み。
これは、今の私に必要な本や?!!
な感じで購入。

主に、漢方薬局の先生と作者の対話が書かれている。

 


身体のなかに実は必要以上に悪い水分が溜まっていて、

徐々に抜いていく話や

甘いもの取り過ぎの話など、
とても痛感な話ばかりで良かった。


結局、最後はアイスとか買ったり、食べたりはするんだけど、

それくらいゆるく生活、、、

だけど、自分の身体と相談しながらバランスよく生活していこうね

っという話でした。

 

 

この人の本はまだ読んでいきたいな。。


今から2往復目を読もうかと思います。

よく見てるブロガーさん。
そんな風には全く見えなかったのだが、、
強迫性障害だったらしく、、、
回復する鍵になったのが、
『認知行動療法』
っという訳で、私も読んでみた。


今の世の中、ネットで探せばすぐ結果が出てくる。
だけど、その結果は良い内容のものばかりだろうか?
不安にさせるような内容の方が多かったりしません?


ネットから少し距離を置いたほうがいいなと思ったのと、
実はそうじゃないかもよ?な考え方を鍛えないといけないと自分は思った。


2往復目読んで、
6月からの研修で心がズタボロにならないようにしよう。

読んだよ。


林檎さんの帯に推され、購入。
本を読んでないときも、
あの主人公はこれからどーなるんだろう?と急かされて読みたくなる内容でした。


人生の中で、転機ってあると思う。
ずっと思っていたことを諦めて、違う方向に自分が向かったとき、
その時、諦められた相手は何をしていたか?、どう思ってくれていたか?
その気持ちを何年か後に自分が知ったとき、どう思うか?
みたいなソワソワ感を味わうことができました。

ちと前に読み終わりました。
意外なことに読書熱がもくもくしてます!
これを機会に気になる本、たくさん読みたいと思います!



さて、これまたタイトルが暗いんですが、

とても読みやすく、楽しんで読めました。



最後のあとがき、3行の文章で、
私は私で大丈夫!
作者さんだってこんな感じじゃん!って思えて良かった。


人に何か言われて変わる必要なんてないと思った。
自分を大切に。


この人の本はこれからもまだ読みたいと思う。

またまた、題名がまずい本を読む。
題名からして、これ読んでる人は病んでる系が多いでしょう笑。



全体通して、あー。男の人ってこんなことばかり考えとるんか?笑。って思った。



人それぞれ、汚い、隠したい、弱い部分は絶対あると思う。

それをネタかのように一冊にまとめた実話本。



そんな本が出せて凄いな!って逆に読み終わった後、尊敬の念が出た。


最後の新幹線のシーン良かったです。

タイトルがあれなので、ノータイトルとさせていただきます。

雑誌か何かでタイトルは知ってて、

たまたま、ひとりショッピングしてて、

ヴィレバンに(タイトルがあれな為)ひっそり隠れるようにおいてあった。

(タイトルがあれな為)一日半くらいで読めました。

 

 

常識が常識であるとは限らないということ。

そういう人もいるんだってこと。

当たり前が決して当たり前でないということ。

強要しない。

自分は十分努力していているけど、なかなか認めてもらえない。

いろんな気持ちが溢れた本でした。

 

 

とりあえず、まだ手元にあります。

 





ヴィレッジヴァンガード特典のを買いました。

店員に山田さんの本ありますか?
と恥ずかしくて聞けなくて、、

ヴィレッジヴァンガード店内を15分くらい探し回りました。

今、話題の大人のぬりえを買った。



小学生時代、
休憩時間は自由帳。
な私にはぴったりなモノである。


ちなみに、
上が三菱色鉛筆。
下がダイソー。












無心に塗り続け、
自分と向き合う。
ぱっと使う色が思い浮かんだり、
すごく悩むときもある。


美術の時間、
黒を使うなと言われたのが分かる。。
黒は使わないように塗ろうって思った。


目指せ、全ページ塗り塗り。